やきセサリーマルシェ -京・陶・飾-

やきセサリーマルシェ -京・陶・飾-  ceramic × fashion

会期: 2018年9月28日(金)~10月3日(水) ※休館日: 木曜日

時間: 10:00~18:00 ※最終日は17時まで

会場:京都陶磁器会館2階

〒605-0864 京都市東山区東大路五条上ル遊行前町583-1 2Fギャラリー

出品作家:
藤原芙由美 佐藤健太 小川文子(ayako.ceramics) 加藤久美子 くすのきなぎさ 花本幸 Käthe(カーテ・中山和紀)細川恵


展覧会名の「やきセサリー」は、「やきもの」と「アクセサリー」を合わせた言葉です。
「京焼を楽しく知る」をコンセプトに、京都で生まれる陶磁器の魅力をアクセサリーという身近なものを通して、お伝えしたいと思います。
今回は、京都工芸繊維大学野口研究室(インテリアデザイン)に空間や媒体をプロデュースして頂き、見に来るだけでも楽しいマルシェをお届けします。
陶磁器のアクセサリーは、小さな身に着けられる美術品。
年齢・性別の垣根を越えて多くの人に愛されています。
マルシェにお越しいただき、見てふれて、その魅力を感じて頂きたいです。

Yaki-cessory” is a word created by combining the word “Yakimono (ceramics)” and “accessory”.
With “Learning about Kyo-yaki in a fun way!” as our concept, we will like to inform you about the charm of the special ceramic born in Kyoto through accessories!
The interior and media have been designed by the students of Noguchi Lab who study on interior design at the Kyoto Institute of Technology. Just looking at he marché they have created will make you happy!
Ceramic accessories are little artworks you can wear.
It is loved by people of all ages and gender.
We will love you to come to our marchè, see, touch and discover the charm of “Yaki-cessory”.

展览会名《陶饰(Yaki-cessory)》是根据日语“焼物(Yakimono)”和英语“首饰(accessory)”创造的词汇。本展览以“快乐的认识京陶瓷”为原点,通过展示人们钟爱的首饰来传达京陶瓷的魅力。本次由京都工艺纤维大学野口研究室(室内设计)担当空间以及媒体设计,演出轻松闲逛也很有趣的氛围。陶瓷烧制的首饰作为身上穿戴小艺术品,跨越了年龄和性别的界限被广大人民所喜爱。何不带着闲逛的心情观赏或试穿一下,从而感受它的魅力呢?